Tomorrow’s Houseは、長野県長野市・須坂市を中心に注文住宅の木の家を手がけてきた山二ハウジングが、新たに、より「暮らし」に寄り添った家づくりをスタートするために立ち上げたプロジェクト。

(株)山二ハウジング

〒382-0045 長野県須坂市井上1700-17
TEL : 026-242-7100
FAX : 026-242-7180
MAIL : housing@yama2.co.jp

Tomorrow’s Houseモデルハウスが完成しました!

「Tomorrow’s House」プロジェクトがスタートして早1年。
ついに、「Tomorrow’s Houseモデルハウス」が誕生しました!

 

DWELLの川畑さんが、初めて長野に来られた時、車から街並みを眺めて、「何となく庭が寂しいような気がするのですが・・・」と尋ねられたので「冬が厳しいので越冬できる植物が少ないんです。」と答えたのを憶えています。

その時は、あまり気にしていなかったのですが、後日見せられた川畑さんの外観プランには、温室が描かれてありました。

「えっ?どういうこと・・・・ もしかして?」

川畑さんに尋ねてみると

「長野でも、雑誌などを見ていてボタニカルライフは憧れの暮らしだけど、どうせ無理だろうと最初から諦めている人がいるんだろうなぁ〜と思って、それだったら冬の間は温室で育てればいいんじゃないのかなぁ〜」と返答が。

かなり衝撃でしたが納得。

Tomorrow’s Houseには絶対必要!と感じ、即採用することにしました^_^

その時の手描きのパース

 

その後、設計の角田が必死に探してくれて、Tomorrow’s Houseとの相性バッチリの物を見つけてくれました。
サイズ感、デザイン、機能と三拍子揃ったこの小屋を「温室」と呼ぶのはもったいないので、私達は「ガラス小屋」と呼んでいます。

 

家との相性もバッチリ

 

中は冬場の今でも、明るくてあったかいです

 

リビングからの眺め

 

2階のワークルームからの眺め

 

暖かくなったら、玄関周りに並べます

 

鉢には取っ手が付いているので移動も楽チンです

 

初公開! 2階はこんな感じになっています

 

見学会に向けて2階もコツコツと仕上げてきました。
2階は、6畳弱の畳の部屋、ワークスペース、フリースペース×2カ所となっています。

 

左が家具で仕切られたフリースペース、右が和室

 

明るくて気持ちのいいワークスペース

 

吹き抜けから1階を覗いたところ

 

気持ちのいい朝日が差し込むリビング