Tomorrow’s Houseは、長野県長野市・須坂市を中心に注文住宅の木の家を手がけてきた山二ハウジングが、新たに、より「暮らし」に寄り添った家づくりをスタートするために立ち上げたプロジェクト。

(株)山二ハウジング

〒382-0045 長野県須坂市井上1700-17
TEL : 026-242-7100
FAX : 026-242-7180
MAIL : housing@yama2.co.jp

DWELLの川畑さんから家具の写真が届きました

鹿児島が拠点のDWELL・川畑さんとのやりとりは、主にLINEを利用しています。

それで今日は、「モデルハウスで使うデイベッドのベースができました。」と写真が送られてきました。

普通は、途中経過の連絡とか、あまりないですよね。

モデルハウスで使う物だから、自分達できちんと説明できるように細部にわたって写真を送ってくださっているのだと思います。
(ありがたいです^_^)

 

以下は、川畑さんからのLINEの写真と文章の引用になります。

 

最近、あまり見かけなくなった「ウェーブスプリング」。
これを使うことで、座った時に底つき感がなく、長時間腰掛けても疲れにくくなり、とってもリラックスできます。

 

写真左は、イギリス製の単管パイプの継手「キークランプ」。
初期のDWELLのデイベッドは、これをそのまま使ってつくっていたのですが、去年かな?鹿児島の革工房RHYTHMOSの飯伏くんから「イベント用で、何か一緒に家具をつくりたいのですが・・・」と提案を受け、思いつきでお願いしたのが、かなりのクオリティで、今でも無理を言ってつくってもらってます。

 

家具が靴を履いてるようで、可愛くないですか。

 

インダストリアルデザインですが、革を巻くことで、暮らしに溶け込みやすくなります。

(引用ここまで)

 

現在建築中のモデルハウスは、「素材感」を大切にすることをテーマにしています。

このデイベッドも、こだわり過ぎなほど「素材感」にこだわった一品。

完成が楽しみです!!