長野県長野市・須坂市で家を建てるなら、新築・自由設計の山二ハウジング

株式会社山二ハウジング

お電話でも受付しております。お気軽にご相談ください。

026-242-7100 受付時間/9:00-18:00

家造りのラインナップ

自由設計型住宅 KODAWARI

~ロングライフデザイン~ 家族何代にも、そして街にも愛され続ける暮らしの場私たちが作っているのは作品ではなく、暮らしの場としての民家。だから、奇をてらったデザインは好まず、スタンダードに、シンプルに、アベレージ高く作る必要があります。
家づくりにおいて、作り手や住まい手のエゴが表に出ないように。自分のことだけ考えるのではなく、街に寄与できる住まいの在り方を探しています。自分の家にとどまることなく、街並みを良くすることができれば、より豊かな家になると私たちは考えます。
山二ハウジングこだわりポイント

外観デザインと街との関係

—住まう街になじむー これって簡単そうで意外と難しいものです。わたしたちはまず、敷地をよく見ます。敷地の周りにある道の幅や位置、隣家の建て方具合や形、住まいから眺められる緑地や景色、そのようないろいろな状況を加味してその場所にふさわしい家を検討します。外観もご近所の方が一番目にするところです。いつも「きれいだな」とか「かっこいいな」とか「気持ちがいいな」と感じてもらえるデザインをご提案を致します。

敷地を活かすプランニング

住まいを造るとき庭は後回しにしがちですが、山二ハウジングは住まいと庭は一体のものとして考えています。日の差し方や風の流れによって建物を配置し、更に庭に植える樹木によって全体の印象も大きく変わりますから、樹木の種類にも配慮します。また、敷地の形状も様々です。例えば隣家との距離が近い場合には、視線が重ならないようアプローチを長めに取るなど、その土地の良さを最大限に活かすご提案を致します。

窓の重要性、五感で感じる家

「住まいと庭が一体化した繋りのある空間」、このテーマに重要な要素は窓です。せっかく濃い四季を感じられる長野県に住んでいるのですからそれを思いきり感じ住みたいものです。せっかく庭があるのだから窓を大きくとり外への開放感を出し、家と庭をつなげます。夏の暑い日差しはひさしや庭に植えた木に遮ってもらい、窓を開け風で涼む。冬の低い日差しは大きな窓でうまく取り込み、自然なあったかさの中で暮らす。こんな四季と向き合った自然体の暮らしができると豊かな暮らしにつながっていくと思います。

空間を考える

山二ハウジングの住まいは、使い方を限定する個室はなるべく減らし、仕切りの少ない開放的な空間を目指しています。子供部屋なども、小さい時は一緒に使い、成長に合わせて、家具を移動させたり、簡単な間仕切りで仕切ったりして、融通がきくようにしています。間仕切りが少ないので廊下が少ないのも特徴です。住まいは長く使うものですから、なるべく使い方を限定せず、家族の成長や環境の変化に柔軟に対応できるようにしています。山二は材木屋さんですから材木も厳選したものを使っています。構造はとてもよく考えられてた美しいものですから、梁や柱をなるべく見せるようにして、自然の素材を感じてほしいと考えます。

ライフスタイルに合わせた家づくりのご提案

自然を楽しみながら暮らすコツ

季節ごと変化する庭を見ながらご飯をたべる、食べ残しは庭の肥料にする、視線を気にせず思い切り戸を開け放つ、そんな当たり前の生活の中から、季節を感じる暮らしが送れるのだと考えます。

同時に太陽光や雨水利用を積極的に行えば、より自然に負担をかけない暮らしとなるでしょう。山二ハウジングは「気づいたらなんとなく自然を感じて暮らすようになっていた」・・・
そんな住まいを提案しています。

家事について、家族の関係について

料理がお得意の奥様が腕を振るい、お友達や親戚を招くことが多い家なら、ダイニングとオープンにつながったキッチンを用意するといいでしょう。休日はテレビを見ながらゆっくりするのがお好きなご主人なら、大型テレビを見やすいリビングの配置を考えます。忘れがちだけれども大切なのは、在宅時間の短い平日の過ごし方を思い描くことです。朝、起きてどこで着替えるか。顔を洗ってからどうするか。夜、帰宅した後はカギや鞄をどこに置き、どこで携帯を充電するか。そんな普段の何気ない細かい動作が動線には大事になります。

常にきれいに片付く収納の提案

モノが過剰にある現代は、往々にしてモノが生活空間を圧迫していますから、まずモノを整理することが重要であると考えています。収納は用途に合わせ、必要なところに必要な大きさのものをつくると、出しやすく、片付けやすくなります。それに、普段使わないものは、屋根裏の空間を収納として使うことも可能です。また、玄関の隣に納戸をつくり、家族はそこで靴の脱ぎ着をすることをお勧めしています。そうすると、玄関のたたきに、何足もの靴が乱雑に並ぶようなことはありません。

標準仕様の構造詳細はこちら

もっとKODAWARIを見たい方は

KODAWARI 施行実績はこちらから

◎お問い合せ・資料請求はこちら

ご不明な点がございましたら、フォームまたはお電話にてご遠慮なくお問い合わせください。

026-424-7100
お問合せ・資料請求

受付時間 /9:00-18:00